ラコリーナ近江八幡の混雑状況・休日のピークはいつ?無料駐車場の空き状況は?

おでかけ

滋賀県の近江八幡市にある「ラコリーナ」は、大自然の中にある「たねや」が作った複合施設で滋賀観光の名所の1つです。こちらの記事では、「ラコリーナ」の休日の混雑状況と無料駐車場の空き状況についてお伝えします。

ラコリーナ近江八幡とは?

ラコリーナはバームクーヘンで有名なたねやグループが手がける複合施設でまるで絵本のような世界観で、2015年に自然豊かな滋賀県近江八幡市に作られました。

たねやグループは、バームクーヘンなどの洋菓子類を製造販売する「CLUB HARIE」と、和菓子の専門店「たねや」を展開しており、ラコリーナ内でも各種和洋スイーツを販売しています。

ラコリーナは”人と自然がふれあう環境づくり”としてラコリーナを緑が美しい風景の中に作られました。

周りを見渡せば山々が連なり、ラコリーナの施設内にも田畑があったりと、訪れる人は皆さん自然の恵に感謝する気持ちが湧いて来ます。

ラコリーナの休日の混雑状況と無料駐車場の空き状況

滋賀県の観光名所として近年人気が高まり、ラコリーナへは県内・県外から多くの方が訪れます。

琵琶湖の東側に位置することから東の名古屋方面や西の大阪・京都方面から日帰り旅行として訪れる方が多い傾向です。

ラコリーナには入り口前に併設された大きめの無料駐車場があり、電車の駅からは距離があるため車や観光バスで訪れる方が多い傾向にあります。

人気の観光地を訪れる際にやはり気になるのは混雑状況ですね。以下に混雑状況についてまとめました。

平日の混雑状況

私は平日とランチタイムとゴールデンウィークにラコリーナに遊びに行った経験から混雑状況をお伝えしたいと思います。

平日のお昼前に到着した時は、駐車場も施設の中も空いている状態で歩き回るのもスムーズでした。

唯一、行列に並んだのは施設内にあるオムライスのお店でのランチと帰りにバームクーヘンをお土産に購入する際でした。

休日の混雑状況

ゴールデンウィークのお昼過ぎという一番混雑がひどい状況が予想される時にもラコリーナに行ったことがあるのですが、休日の混雑具合はやはり平日とは全く違っていました。

ですが、1日中など長時間滞在するような施設ではないので人の入れ替わりもあり、併設の無料駐車場の空きスペースも何とか見つけることができました。

しかし、施設内の混雑ぶりは施設へ入るドアを開けたところで圧倒された程で平日とは比べ物にならない混雑ぶりでした。

施設内入ってすぐのお土産コーナーで実演販売が行われているどら焼き「生どら」を購入するのに20分程並びました。

バームクーヘンを購入する行列は、さらに平日とは比べ物にならないほどの長蛇の列となっていました。

混雑のピークは?

ラコリーナが一番混雑するのは、お昼時期から午後3時くらいまでの時間です。

ラコリーナにはオムライスが食べられるレストランがあったり、食べ歩きが可能なパンやピザなどの軽食、バームクーヘン等が食べられるカフェがあります。

そのためお昼時期からおやつの時間を狙って訪れる方が多く、朝9時のオープン時と夕方以降から営業終了時刻の午後6時までの時間は空いています。

ただし、夕方以降は特にバームクーヘンなど人気の商品が品薄になったり、売り切れてしまうことがあるのでお土産のご購入をご希望される場合は早めの時間に到着されることがおすすめです。

まとめ

こちらの記事では滋賀県近江八幡市にあるラコリーナの混雑状況を私の経験からお伝えしました。大自然が美しい景観の中で最高においしいスイーツを食することができる複合施設です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました