熱田神宮初詣2022の穴場駐車場は?交通規制や混雑する時間帯も!

季節のイベント

熱田神宮の初詣は2022年も混雑が予想されるので、穴場駐車場はチェックしておきたいですよね!

そして、交通規制や混雑する時間帯も気になるところ。

この記事では、実際に使用している熱田神宮初詣2022の穴場駐車場をこそっと教えています。

交通規制や混雑する時間帯も参考にしてみてくださいね!

熱田神宮初詣2022の穴場駐車場はどこ?

熱田神宮の初詣(2022)の穴場駐車場は、「名鉄協商パーキング神宮西口」です。

名鉄協商パーキング神宮西口の基本情報

  • 住所: 愛知県名古屋市熱田区神宮3-6
  • 駐車台数: 440台
  • 利用可能時間: 7:00~22:00
  • 駐車料金: 60分 300円 (最大料金なし)
  • 制限: 3ナンバー制限なし、ワンボックス制限なし
  • 連絡先: 052-682-7414

名鉄協商パーキング神宮西口は「パレマルシェ神宮」のお買い物で駐車場サービスがある

名鉄協商パーキング神宮西口駐車場は、名鉄デパート「パレマルシェ神宮」のお買い物で駐車サービスを受けることができるので、とってもお得!

「パレマルシェ神宮」駐車場サービスの内容は?

購入金額 駐車サービス
2000円未満の購入 入庫から1時間 駐車料金無料
2000円~5000円未満の購入 入庫から2時間 駐車料金無料
5000円以上の購入 入庫から3時間 駐車料金無料

かなりお得だと思いませんか?

例えば、家族で熱田神宮の初詣に行って、「パレマルシェ神宮」で食事やお買い物で5000円以上使えば、3時間の駐車料金が無料になるんです!

4人家族の場合、普通にお昼に外食すれば5000円くらいはかかりますよね。

熱田神宮が混雑していて参拝に2時間近く時間がかかった場合、その後にパレマルシェ神宮で5000円以上の食事やお買い物して、駐車から3時間以内に出庫すれば、結果として駐車場代は無料です。

これは、本当にお得!!

名鉄協商パーキング神宮西口がおすすめな理由!

実は、この「名鉄協商パーキング神宮西口」は、熱田神宮近くの名鉄デパート「パレマルシェ神宮」の専用駐車場のように見えるんです。

なぜなら、名鉄協商パーキング神宮西口には、「Pare Marche 駐車場」とドーンと大きな看板が掲げてあるから。

知らない人は、 この看板を見てしまうと「ここはデパート専用駐車場だよね」と、勘違いする人が多い

だからこそ、「名鉄協商パーキング神宮西口」駐車場は、熱田神宮初詣時の穴場駐車場なんです!

熱田神宮初詣(2022)での熱田神宮内の駐車場は、1月1日~5日まで駐車禁止。

そして、熱田神宮近隣駐車場は、どこも満車が予想されます。

「名鉄協商パーキング神宮西口」は、バレマルシェでお買い物するだけで、他の近隣駐車場よりも駐車料金が安くなり、早く車をとめることができますよ!

名鉄協商パーキング神宮西口に早く駐車できる裏ワザとは?

「名鉄協商パーキング神宮西口」にはレディースコーナーがあります。

レディースコーナーとは、女性運転手専用の駐車スペースです。

もし、男性が運転していた場合、駐車場近くで女性に運転を代われるのであれば、女性運転でレディースコーナーの駐車スペースに車をとめましょう。

レディースコーナーの駐車台数は10台分以上はあり、タイミングよく駐車できることが多いです。

熱田神宮初詣2022の交通規制情報!

熱田神宮の初詣(2022年)も、例年通りの交通規制が予想されます。

毎年、交通規制される範囲は、ほぼ同じです。

熱田神宮初詣2022の交通規制予想!

交通規制期間 2021年12月31日(23時~3時まで)
2022年1月1日~3日(9時半~15時半まで)
交通規制場所 熱田神宮東門(伝馬町信号から神宮前駅の信号の範囲)
熱田神宮西門(熱田神宮南より車の進入禁止となる可能性が高い。

その他にも、細かな交通規制があることが予想されます。

熱田神宮初詣の交通規制については、毎年、愛知県警がHPで交通規制情報を発表しています。

初詣に行く際には一度チェックしておくことをおすすめします!

熱田神宮初詣2022の混雑する時間帯は?

熱田神宮には、毎年約230万人もの参拝者が訪れます。全国では第5位の参拝人数。

とにかく、混雑時は前に進めないほど、ものすごい人混みになります。

熱田神宮初詣2022!混雑時間帯予想

参拝日程 混雑ピーク予想(時間帯)
12月31日 午後3時頃、午後11時~1月1日 午前3時過ぎまで。
カウントダウンと年明けすぐに参拝したい人で混雑。避けたほうが無難。
※午後3時から大祓(おおはらい)の儀式が執り行われるため、午後3時頃も避ける
1月1日 午前5時頃、午前9時~午後3時頃まで。
※午前5:00~歳旦祭(さいたんさい)が執り行われるため避ける。
1月2日 午前10時~午後3時頃まで
1月3日 午前10時~午後3時頃まで
1月4日 午前10時~

できるだけ混雑ピーク時間帯を避けて、参拝したいですよね!

こちらが熱田神宮初詣(2022年)の混雑時間帯予想です。

熱田神宮初詣2022!混雑回避できる時間帯は?

参拝日程 混雑回避できる時間帯
12月31日 夕方からの混雑回避は難しいです。
1月1日 午後5時~
1月2日 午前4時~6時、午後4時~
1月3日 午前4時~6時、午後4時~
1月4日 午後3時以降 ※12月31日~1月3日よりも比較的空いています。

熱田神宮の初詣(2022年)で混雑を避けたければ、1月4日以降の参拝がおすすめです!

熱田神宮の初詣は、大晦日の夜から三が日は、毎年かなりの人でごった返しており、幼い子供は人混みに埋もれてしまい大変危険です。

熱田神宮の正門、東門、西門のちょうど中間地点には手水舎があり、初詣時には手水舎から本殿まで、2~3時間かかってしまうことも。

また、2022年の初詣は、これまで以上の入場制限が予想されます。

となれば、本殿までたどり着くのに、3時間以上もかかってしまうことに・・・汗

これでは、子供も大人も疲れ果ててしまいますよね!

熱田神宮初詣2022の参拝は、ぜひ混雑回避できる時間帯で参拝しましょう♪

まとめ

以上、熱田神宮初詣2022の穴場駐車場と、交通規制や混雑する時間帯についてお伝えしました。

最後まとめます!

  • 熱田神宮初詣2022での穴場駐車場・・・名鉄協商パーキング神宮西口(女性運転ならレディースコーナー)
  • 熱田神宮初詣2022の混雑回避時間帯・・・1月1日は午後5時以降、1月2日、3日は午後4時以降、1月4日は午後3時以降

2022年の熱田神宮初詣は、混雑する時間帯を避けて、駐車と参拝がスムーズにできると良いですね ^ ^

2022年がよい一年となりますように♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました